ちえのみ!

大航海時代online Astraios鯖での凛々りんごの気ままな日記!                                         

りんごです。



今回はドラマを元ネタに小説にして行きたいと思います。
元ネタは最後にお知らせしようかな。ネタバレになっちゃうし。

元ネタ知ってる方はみんなにないしょでニヨニヨしててくださいなw

また、わたしのフレの名前を無許可に使用します。
ちょっとやめてよ!という方はすぐにお知らせくださいませ@@





チェス ~あるキングの物語~ 

序章 「キングが倒される時」



これは大航海時代の少し先の時代のお話。


------チェスは非常なゲームだ。
ポーン、ルーク、ナイト、ビショップ、クイーン。。。
いかなるコマを犠牲にしても、敵のキングをとればいい。

これは、あるキングの物語だ。


白と黒の板。
その上を同じく白と黒の”コマ”もしくは”ピース”と呼ばれる。
ポーン・歩兵、ルーク・城、ナイト・騎士、ビショップ・僧正、クイーン・王妃
そしてキング・王。

この6種類のコマを使って敵のキングを追い詰めていく。



いまこの板状には一人の男。
頭を抱え、焦るように白いコマを動かし傍らのメモに何かを書き込む。
持ち時間はほとんど残っていない。

彼の番が終わる。
無機質な音が聞こえる。
それは黒いコマを器用に掴み上げると打つべきところへ打つ。
なんの感情も迷いもない。なんのムダもない動作。
彼の相手は産業革命の生み出した人類の英知の結晶とも呼べるものであろう。
そう、彼相手は”人工知能・スーパーブルー”。


そして”白いキング”は追いつめられていく。


静まり返る会場。
そこに聞こえるのは時計の動く音。
無機質な機械音。
周りには勝負の行方を見守る観衆の息。
そしてその観衆に状況を伝える実況者。

実「人間が勝つか、人工知能が勝つか。チャンピオンは1秒に3手、人工知能は1秒に2億手の計算能力」

時間が進む。
チャンピオンと呼ばれた彼はさらに頭を抱える。
全員が息を呑む。
もちろん彼の向かいのモノ以外。。。

手が震える。
頭をかきむしる。
恐怖に怯える。

震える手が白いキングに伸びる。
何度も秒針が進む。
とうとうそれを掴むと白いキングはそのままこうべを垂れていく。

リザイン。

会場内に観衆のため息があふれ響いていく。
人工知能の研究者たちはお互いに健闘をたたえ合う。
そして実況者の声が木霊する。

実「チャンピオン投了!人類はとうとう産業革命の亡霊に敗れました!」

彼はさらに続ける。

実「世界チャンピオンも”スーパーブルーに敗れて―」

そしてにやにやと嫌な笑いを浮かべて白いキングを指差す。
実「まったくブルーです」

会場内がどっと笑いに包まれる。
チャンピオンが周りを見渡す。
笑いは収まらない。
そしてまた頭を抱える。

キングは叫び声を上げながらこうべを垂れた”彼”を高々と握りあげ振り下ろした。




CHESS.jpg



つづく
りんごです。


途中で説明もしましたが今一度。。

この物語は

「藪の中」という芥川龍之介の短編小説です。

藪の中も今昔物語をベースとしているそうです。

この物語の風変わりな点は事件の関係者それぞれが

自分が犯人だと主張し、結局謎のまま終わってしまうところです。


誰の証言が真実なのか。

バルナバ?

ぷらら?

ダニエリ?

それともサラやデニなどの別の人物が犯人なのか?



あなたは誰が犯人だと思いますか。



わたしは初めて読んだ時に最後のダニエリのセリフ


あれはいったい誰だったんだ。


この一文で鳥肌がとまりませんでした。

みなさまも鳥肌が立ったのであれば幸に存じます。


またご紹介したい小説があれば、オマージュしたいと思います。


最後に。

今回お名前を貸していただいた皆様、本当にありがとうございました。

事後承諾で会ったにもかかわらず嫌な顔ひとつせずに快諾してくださいました。

そんな仲間たちはわたしの宝物です。




それではまた   波の中  で。。。


りんごです。


もうこれ以上数字ネタありません。

ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました。

今回で完結です。

皆様と鳥肌を共有できると幸いです。


では本編。








夕日が水平線へと消えていく。

ぷららは下っ引が庁舎へと連れて行った。

部下の岡っ引きと馬で庁舎へと戻っていく。


はぁ。ぷららが見つかった時点で捜査も終わりかと思ったのになぁ@@

普段サボってるから天罰なのか@@

にしたってなぁ。。。。。@@

二人の証言は食い違ってるし。真相はわからないままかぁ@@


はぁ・・・。と深い溜息をつく。

ここへ「せめてダニエリの証言を聞けたらなぁ・・・・@@」

なんて無理か。。。@@

ボソリとつぶやけばまた深い溜息を付く。

一緒に居た岡っ引きが思い出したように声をかける。

岡「それなら良い方法を知っています!」

ここへがまたまたまたまた目を丸くする。

岡「私にお任せください!」



------------------------------------------------------


空には満月が輝く。

月を見上げれば

ああ。月を見て狂う気持ちもわかる気がしてくるなぁ。@@

と思いを馳せる。

目の前には岡っ引きが連れてきた見るからに怪しげな霊能力者がいるのだ。

やれやれ。こんなものにも手を借りなくちゃいけないのか。。。@@

とはいえ確かにこれで解決した事件がるのも事実だ。

・・・頼るしかない・・・か。。。


ここへ「じゃあダニエリの霊を呼び出してくれる@@?」


無言で頷けば手に持っていた鈴を しゃんしゃん と鳴り響かせる。

しばらく祈祷がつづく。

ここへは疑い深そうに霊能力者をここ目でみつめる。

鈴の音が鳴り響く。

霊能力者のなにかぶつぶつ唱える。

生ぬるい空気が流れてくる。

ここへの額から汗が流れ落ちる。


ぐっ と声とともに霊能者が地面に手をつく。

岡「きましたよ!!」


ココへが息を呑む。


霊「うう・・そこにいるのはだれだ・・・?」

明らかに霊能者とは違う声。

これは男性の声か。。。?

ここへが声をかける。

ここへ「わたしはここへです@@真相が知りたい。君を殺したのはだれ@@?」

霊能者が肘をつき顔を上げる。

谷霊「くくく・・。真相・・?」

顔は明らかに霊能者とは違う。

そう。まるで。

ダニエリ本人ではないか。

谷霊「いいだろう。。。教えてやる」



------------------------------------------------------



あの時俺は口も聞けず、身動きも取れぬ状態だった。

悔しかった。目の前で妻が汚されるのを助けることもできず。

俺はうなだれた。。


すると盗人が俺のぷららに近づき話しかけた。

バナナ「肌身を汚してしまったな。こうなれば夫との中も折り合うまい・・・・」

さらに頬に手を当てやがった。。。

バナナ「どうだ?そんな夫に連れ添うよりワイの妻にならないか( ´ω`)?」

な。なんだって。。。

バナナ「お前を愛おしく思ってこそ。だからこそこんな大それた真似も働いたのだ」

・・うそだ!!真に受けるな。。っ!!――ぷらら。。っ


ぷら「では・・・どこへでも連れて行ってくださいな・・・」

・・・うそだ。。。

とろんとした目をしてぷららはついていってしまう。。

ぎり。。と歯ぎしりをする。

――――ぷらら・・・っ!!!


そのときそんな気配を察しったのかぷららが顔面蒼白ではっと振り返った。

そして俺を指さし盗人にいった。

ぷら「あの人を殺してくださいっ!!!!」

盗人も面を喰らった顔をしていた。

ぷら「あの人が生きていたら私はあなたと一緒にはおれませんっ!!!」


ぷら「あの人を殺してください!!!!」


ぷら「殺してくださいっ!!!!!」




これほど憎むべき言葉が人間の口から出たことがあるだろうか。

ぷら「殺してっ!!」

人間の耳に触れたことがあるだろうか・・・?

ぷら「殺してっ!!!!!!」


すると盗人の目つきがかわった。

そう。ぷららを蔑む目に変わった。

バナナ「お前はこの女をどうする?」

盗人はぷららを蹴り飛ばし俺に話しかけてきた。

バナナ「殺すか?それとも助けてやるか?」

バナナ「返事はただ頷けばいい。」

盗人はぷららを蹴り飛ばし俺に話しかけてきた。



――――俺はこの問い掛けで、盗人の罪は許してやりたいと思った。

ぷららは恐怖に顔を歪ませていた。

ぷら「いやあああーーーーっ!!!」

と叫び走って逃げていってしまった。

バナナ「逃げやがった( ´ω`)」

追いかける気もないようだ。

俺の太刀を拾い上げ縄を切った。

そして踵を返し去っていった。



俺はその場で泣き崩れた。

ぷらら。。ぷらら。。。。。

その時光るものが目に入った。

ぷららの落とした小刀だった。

小刀をつかむ。

ぷららとの思い出が走馬灯のように蘇ってくる。

ぷらら・・・・・



両手を振り上げる。

恐怖はなかった。

ただ悲しみだけがあふれていた。

ぷらら・・・・!!

名前を呼ぶ。

もう返事はなかった。

キラリと刃が光った。



------------------------------------------------------


谷霊「苦しくはなかった・・・ただ深い静けさに包まれていくだけ・・・」

ダニエリが話し終える。

あたりは更に闇が深まっていた。

さらに蒸し暑く生ぬるい風がここへの頬をなでた。

ここへ「じゃあ君は自殺したんだ@@」

谷霊「そうだ・・・」


どういうことだ。。。

バルナバ―――――――

ぷらら――――――――

ダニエリ―――――――

なぜ証言がバラバラなんだ・・・っ@@

全員が「ダニエリを殺した」と供述・・・・。

どの証言が真実かわからないよ@@

ここへが目を丸くする。

その時ダニエリが口を開く。


谷霊「だがひとつ不思議に思うことがある」



静けさに包まれる中――――

誰かが忍び足で近づいてきた。

周りには暗闇が立ち込めている。

顔は見えない。

その謎の人物は俺の胸に刺さった小刀を抜いた。

口から血があふれる。


それっきり、俺の意識は闇へと沈んでいった――――


ダニエリが苦しそうな表情でここへを見上げる。

蝋燭の炎が揺らめく。














あれは・・・誰だったんだ・・・・・?


















波の中







おわり





この物語はフィクションであり、実際の人物・団体には一切関係ありません。
また、芥川龍之介の「藪の中」という作品のオマージュです。
りんごです。


あと2.3話で終わるかな。

最後までお付き合いくださいまし。

ちなみ今回はその6。

2進数です。


では本編。







波の中 その0b110 「横に振られた首」




ここへ「ぷららが目撃されたのはこの辺り@@?」

馬にまたがって、部下の岡っ引きとぷららを探しに来たここへ。

マルセイユ郊外。寂れた貧民街で行方不明のぷららを見かけたという。

華やかなマルセイユ市内やパリとは大違い。

これがいまのフランスの姿なのか。。。


そんな思いを馳せるここへ。

そのとき、一人の女がふらりと路地裏から出てきて側で倒れた。

岡っ引きがすぐに女のもとへ駆け寄る。

はぁ。こんなふうに都合よくぷらら見つかんないかなぁ@@

しぶしぶ馬から降り、女の側へいく。


・・・ん@@

ここへ「きみ。ぷらら@@?」

女がびくっとする。

どうやら間違いないようだ。

ここへが続ける。

ここへ「お父さんが心配してるよ@@何してたの@@」

ぷら「・・・死のうと思うておりました・・・・」

カラスが騒ぐ。ギャアギャアと声をあげここへを見ている。

ここへ「盗人の手篭めにあった上に夫まで殺されちゃって辛いよね@@」

ここへ「でもバルナバはもう・・・」

すかさずに悲しそうな顔のぷららが首を横に振る。

ぷら「私が夫を殺したのです・・・」



静寂。

言葉の意味が理解できない。

ぷららはますます悲しい顔をする。

ぷららが・・・コロシタ?

ここへ「ええ?@@」

やっと言葉が出た。

ぷら「小刀で夫の胸を貫きました・・・」


どういうことなの@@

ここへはまた目を丸くする。

ぷららがうっすら涙を浮かべ語りだす。


ぷら「あの日・・・盗人がわたしを手篭めにしたあと――――――」



------------------------------------------------------


うう・・・。

夫の前で身を汚されてしまった。。。

悔しくて目を閉じる。涙が溢れる。

盗人は馬と主人の太刀を盗んでいってしまった。


ぷら「うう・・・・あなた・・・・」

震える身体で主人に近づく。

主人を見上げる。

息が止まるかと思った。


主人は私を蔑んだ冷たい目をしておりました。


涙が止まりませんでした。


あなた。。と声をかけ触れようとしましたが

そっぽを向かれてしまいました。

わたしは震える声で夫に告げます。

ぷら「こうなった以上、あなたと一緒にはおれません・・・。わたしは人思いに死ぬ覚悟です・・だけど・・・・」

先ほど落としたわたしの小刀を拾いました。

ぷら「あなたも一緒にお死になってください・・っ!!」

そして私は脱がされた服をサッと羽織り、立ち上がると小刀を構えました。

ぷら「あなたは私の恥をご覧になりました」

ぷら「わたしはこのままあなた一人を残すわけにはいきません。。っ!」

構えた手が震えました。

そのとき主人の口がもぞもぞと3度動きました。


 殺せ――――私にはそのように聞こえたのです。


歯を食いしばり涙をこらえ両の手で小刀を持ちました。

ぷら「私もすぐにお供いたします・・・っ!!」

わたしは走りだし、主人の胸を小刀で貫きました。

ドンッ という音が聞こえ、わたしの意識は遠のいていきました。



どのくらいの時が立ったのでしょうか。

わたしが気がついた時にはもう夫は息絶えておりました。

そこで自分がしたことにまた涙が止まりませんでした。



------------------------------------------------------


ぷら「夫の縄を解いたと猿ぐつわを外し、何度も死のうと試みましたが死にきれずにこうしている限り――」

あたりにはいまだカラスの鳴き声が鳴り響く。

ぷら「夫を殺した私は・・・盗人の手篭めにあった私は・・・」

固く握られたぷららの手の上に涙が一滴。二滴と溢れていく。



ぷら「どうすれば・・・っ。私は・・・・」


そこでぷららの話は終わる。





カラスの鳴き声が鳴り響く。



つづく
りんごです。


このお話を 朝の連続テレビ小説 的な感じでご覧の方がいらっしゃるんでしょうか。

ちなみにりんごの部屋のテレビは常にNHKです。

日本人ならおはよう日本みれ。

※今回はえげつないシーンが有ります。

そこから格納しますので閲覧注意。


では本編。






バルナバの自白はつづく。

頬の真新しい傷を撫でながら。


------------------------------------------------------


ワイはぷららの元へ行き ダニエリが急に倒れた と嘘をついた。

そして手を引いて海岸へと走った。

ぷら「ダニエリさんがたおれただなんてっ。どのような症状でしたか!」

また怪しげな 大人の薬局 の薬を持ってやがった。

ワイは答えずに手を引き走り続けた。

そして海岸に着く。

ダニエリは倒れてなんていない。

岩に縛り付けられているだけだ。

ダニエリが うぐっ! と声を上げる。

ワイはぽりぽりと頬をかく(「´ω`)

ぷららがキッとワイを睨みつけ、懐から小刀を取り出して飛びかかってきた。

ぷら「おのれ・・っ!良くも騙してくれたなーっ!!」

しかし所詮は女。

戦闘のプロのワイには敵いはせん( ´ω`)

腕をつかみ、止める。

ぷら「放せ!はなせっ!!」

無我夢中で力を込めるぷららの小刀がワイの頬を切りつけた。

スッと頬が切れ、一筋の血が流れた。

その血をぺろりと舐める。

バナナ「ふっ・・気性の荒い女だ。。( ´ω`)」

掴んでいた手を地面へ引き落とす。

ぷららが倒れ小刀を落とす。






※以下閲覧注意




続きを読む