ちえのみ!

大航海時代online Astraios鯖での凛々りんごの気ままな日記!                                         

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りんごです。



書く気力のあるうちに書きます。


ダニエリさんごめんなさいっ!

成仏して下さいヽ(・ω・; )ノ


年齢はおまけです。





波の中 その弐 「父親」




まるなげここへ。

しかし部下は優秀なもので数時間もするとある岡っ引きが

ぷららの親族を探し出し連れてくる。


ここへ「えーっと。名前は@@」


突然呼び出されたその男。

名をノブレスと言い、ぷららの父親だとおずおずと答えた。

呼び出された意味も分からず不安そうにするノブレス。

いきさつを説明すれば血の気は引いて目はうつろになっていく。

そしてここへの目はいつものように丸くなっていく。

身元確認の為・・@@ と見せられたダニエリの遺体をみせる。

その場にがくっと座り込む。

しばしの静寂。ノブレスが細々とつぶやくように語る。


信「間違いありません。娘婿のダニエリです」


涙をぬぐい再び口を開く。

ここへは目を丸くしたまま。


信「ダニエリはとても優しい男だった。。。遺恨をうけるはずなどありません。。」


そしてまた静寂。すすり泣く声。筆を走らせる音だけが部屋の中に響く。

ここへがメモを取れば続ける。


ここへ「それでぷららってどんな人@@」


信「ぷららは19歳で勝ち気な性格でございます。顔は華のように美しくどんぐり たけのこの帽子をいつも被っております」


そこでひときわ大きなすすり泣き。

少しの間がありさらに続く。


信「娘はダニエリさんとここマルセイユに向かっていました・・・。まさかこんなことになりますとは。」


信「お願いですっ!!娘の行方を捜してください!!・・・・婿ばかりか娘まで・・・お願いです・・・・」


ここへの足元へしがみつき必死に助けをこう父の姿であった。





つづく
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinrinchienomi.blog.fc2.com/tb.php/193-fd33b9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。