ちえのみ!

大航海時代online Astraios鯖での凛々りんごの気ままな日記!                                         

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りんごです。


いろんな方から応援メッセージ頂きました。(ほとんど身内みたいな人たちなのですが。。)

励みになります。がんばりますっ

っていうとみんなムリしないでー^^といってくださいます。

お気遣いホントに痛み入ります><

でも待ってくださってる方が居るので一生懸命書きますねー。

わたしなりに一生懸命。

では本編。







波の中 その④ 「殺したのはワイ」


むぅ。と唸るここへ。

やっぱりこのばななが犯人だったのか@@

しかし、バルナバが続ける。

バナナ「だが女は殺しちゃいない」

バナナ「それどころかどこへ行ったのかさえ知らん( ´ω`)」

捕縛縄を掴んでいたアレイルが声を荒らげ立ち上がる。

荒「嘘を言うなっ!ここへ!こいつ嘘をついてる!拷問として知らない人たちとの飲み会に一人で放り出してやろう!」

そう。この盗人。極度の人見知りなのである。

バナナ「いくら人見知りでも知らないことは話せない・・・。」

大海戦以外では見せない真剣な顔をして淡々と語る。

バナナ「もう逃げられない身だ。隠し立てはしない・・・」

まるまるお目目のここへ。

ふうとため息をつけばバルナバを見据えて口を開く。

ここへ「話してみて@@」



------------------------------------------------------------

ワイはその日マルセイユの海岸より少しモンペリエ寄りの街道沿いに居た。

するとマルセイユ方面に向かっていく、あの男と女が通りかかった。

最初は なんだ。よ○じょじゃないのか。。。 かと見向きもしなかったが

近づいてくるにつれ、その女の美しさに心を奪われてしまったんだ。

ワイは女を奪おうと思った。たとえ男を殺してでもな。。
 

------------------------------------------------------


そこでバルナバが顔を上げる。

バナナ「ワイはピストルで人を殺すが・・・。お前らは権力で人を殺す」

ニヤリと不敵な笑みをここへに向ける。

バナナ「これじゃあどっちが悪人なんだかわかりゃしねぇな・・」

荒「こいつ・・・っ!」

掴みかかろうとするアレイルをここへがオドオドと制止する。

ふたたび目を閉じ、バルナバが話しだす。


------------------------------------------------------


男を殺さずとも、女を奪えれば俺は満足だった。

そこで俺は道端に倒れこみ腹が痛いふりをしたんだ。

案の定、二人はワイを介抱してくれた。

男はダニエリ、女はぷららと名乗った。

谷「腹痛は治まりましたか?」

と心配そうに尋ねてきた。

へっ。腰に太刀なんぞ携えやがって。

だがぷららを手に入れなきゃならねぇ。

こういう芝居には商売柄慣れてるんだ。

バナナ「ああ・・もらった薬のお陰で楽になった( ´ω`)」

薬の包み紙には 大人の薬局 なんて危ない名前が書いてあったもんで

薬自体はこっそり捨てたんだがな。

ダニエリもぷららも それはよかったっ なんて笑って再び旅路につくとこだ。

だが、このまま返す訳にはいかない。

ここからが仕事だ。

バナナ「待ってくれ!」

すかさず呼び止める。

バナナ「こんななりをしたワイに親切にしてくれるなんてお前らはいいやつだ!」

バナナ「ぜひお礼をさせてくれ!」

二人は顔を見合わせて首を傾げる。

そしてダニエリが お礼? と聞いてきた。

小声でダニエリにささやくように話しかける。

バナナ「実は・・・先日古塚で太刀や財宝を発見してな」

バナナ「数が多いからこの先の海岸沿いの岩場に隠しているんだ。そのなかから何でもお前にやろう!」

ダニエリの目が輝く。

しめた。これでダメ押しだ。

バナナ「ああ。これもその一つだ。・・・・どうだ・・?」

懐からこんなときのための小刀を取り出す。

ダニエリはゴクリと息を呑んでたよ。

夫婦は簡単にワイを信じた(人 ´ω`)

そしてマルセイユの端の海岸の側まで連れて行った。

ぷららは馬にのってたからな。

この先は馬では入れないから、海岸の見えないあたりで待ってるように促した。

ダニエリだけを海岸に誘導したんだ。

バナナ「ついたぞ。あの岩の下に宝箱を埋めてある。好きなのを持っていけ」

ダニエリはすぐにかけ出した。ワイに背を向けたまま。

そして後ろから縄で縛り上げて悪靴輪を噛ませたよ。




つづく・・・
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinrinchienomi.blog.fc2.com/tb.php/195-15e272e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。